会社概要 お問い合わせ よくある質問 ご利用ガイド 特定商取引に基づく表示
トップページ
ゼロ・カーボンコンセプト
ゼロ・カーボン オリジナル商品
カーボンマテリアルショップへ
ハードカーボン CFRP積層板
ハードカーボン ハニカム
ハードカーボン  L、C、角パイプ
FIC積層板
宇宙機器分野ではカーボン素材が多用されている。
MotoGPマシーンには、カーボンパーツがふんだんに使われている。
CFRPは従来の金属材料では実現できなかった特性を数多く持っているために、宇宙機器分野ではなくてはならない素材です。
宇宙機器は、ロケットの打ち上げ能力に限界があるため、ぎりぎりまで軽量化することが要求される反面、打ち上げ時の厳しい荷重に耐えなければなりません。
さらに、宇宙空間の過酷な温度変化による変形や、材料劣化にも耐えなければ機能を果たしません。

CFRPの大きな特性は2つあります。
1.比強度と比剛性が高いこと(軽くて、硬くて、強い)
2.熱変形が小さい(高温でも、極低温でも歪みが少ない)

CFRPは従来の軽金属材料に比べて、特性が著しく優れているため、この分野での利用が最も進んだもののひとつになりました。
宇宙機器分野の技術は、歴史的にも国防・軍需機器とも密接な関係にあり、国の機密上、輸出入が制限されたりしてきました。
現在は、民間向けに材料や技術の使用が認められていますので、CFRPは幅広い産業分野に使われるようになっています。

Zero-Carbonでは、カーボン製品の用途開発を目指しています。
従来からの工学系用途のみならず、素材特性を生かし「軽量・高剛性」により実現されるプロダクトや、炭素繊維の持つイメージ、風合いを生かした「感性に訴える」商品を含めた製品の開発をサポートしたいと考えています。